介護保険施設とは

介護保険施設とは、介護の認定を受けている方が利用できる施設で、介護保険を用いて利用することができます。
申請をされた方はご存知でしょうが、介護保険にもランクがあり、要介護は1から5、要支援は1と2にランク付けがされます。
介護施設に入所あるいは通所、在宅介護を受ける場合、介護のサービスを受けることができ、支援と認定された場合、予防的なサービスが受けられることになっています。
介護老人福祉施設では身体や精神面に著しい障害がある方に適当で、カテーテルなど医療行為が伴う方だと介護医療院を選ぶことになります。福祉と医療で目的が異なるということです。
介護保健施設となっているところですと、在宅に復帰させることを目的としていますので、在宅復帰型では3ヶ月にて退所となります。そうでないタイプの場合には3ヶ月以上入所することも出来るため、特養の待機待ちの施設といった認識を持たれている方も多いでしょう。
国の制度のため経済的に安心だと考える方もいるでしょうが、全てを賄えるというものでもありません。ただし、所得に応じて一定金額以上を超えた場合、払い戻される仕組みになっています。
在宅でも介護施設でも、介護計画を立てる際はケアマネージャーによってケアプランが作成されますが、こちらは無料(全額保険給付)となっていますので、安心して計画を立ててもらいましょう。
気になる施設での月額費用については、各施設の窓口で問い合わせをされてください。 参考:介護保険制度とは