在宅サービス利用型施設とは

介護保険のサービスを利用した施設は、在宅サービス利用型と施設サービス利用型に分けられます。
外部サービスを利用する施設の多くが「老人ホーム」と名が付いておりますが、狭い意味での施設の分類としましては、養護、軽費(A型やB型)、軽費C型のケアハウスなどがあります。
民間運営の場合、住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、無認可の高齢者向け住宅などがあります。
一方、施設サービスを利用した施設は、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、民間では介護付有料老人ホームやグループホームがあります。
経済的にある程度の余裕がある場合、老後の不安から夫婦で入所される方もいるようで、住宅型有料老人ホームこれまでの生活と変わりなく生活をされているようです。
そのような介護施設だと、よく耳にする「独居老人」になることが防げるうえ、仲間や職員とのコミュニケーションがありますので、寂さや孤独になることを防ぐことができます。
イザという時には職員がかけつけられる体勢を作っていますので、本人にとっても家族にとっても安心です。介護の必要があればなおさらではないでしょうか?
本人もご家族も「できれば自宅で」と考える方もいますが、24時間体勢で介護をするにはご家族・ご親族に対し負担がきますし、在宅サービスを利用するか、もしくは家族で交代といったことが必要になってきます。
介護施設では介護に精通した職員やヘルパーも常駐していますので、介護される方の心身面での負担も少なくなります。また介護する側の職員も、身内ではないため割り切って介護を提供していますので、お互いに精神的負担はご家族よりも少ないと言えるでしょう。