「ケアハウス型」介護施設

ケアハウス型の介護施設は、自立して生活を行うことに不安がある方の食事の提供や入浴の準備など、社会生活上の補助的サービスが受けられる施設になります。
入所後に介護が必要になった場合も、入所継続が可能な介護施設もあり、馴染んだ場所を離れずに済むこともあります。
気になる費用ですが、生活費と事務費の他、管理費やサービス提供費がかかります。施設や都道府県によって金額や費用に対する呼び名が変わることも有り、生活にかかる食事や居住費は実費で、一定の金額が設定されていることが多くなっています。
これは医療費と同じで、食事や寝巻きは実費であることなど同様の考えとなっています。
サービス提供費などは収入に応じて算出されることが多く、全ての金額をトータルすると10万円弱から20万円弱ということになりそうです。考え方としては、アパートを借りて自炊や生活費に、収入に応じて職員への手当てがプラスされているといった具合です。
ケアハウスと軽費老人ホームは同じように考えられており、A型、B型、C型などに分けることができ、一般の介護施設との違いは、夫婦一緒に入所できるという点になります。
A型は食事サービスがある、B型は自炊できるほど健康な方といった具合に分けられています。 参考:一般社団法人 全国軽費老人ホーム協議会のサイトをご確認ください。