健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームとは、介護を必要としない自立した生活が行える方が対象となっています。
ですので、介護といった面からは介護施設には当てはまらないかもしれません。
こちらのメリットは、高齢化に伴う不安が解消できることと(介護は別)、メリハリのある生活ができること、同じように考える仲間がいること等が挙げられます。
「健康」で自立した生活を送れることが条件となっていますので、介護が必要となった場合には退去をしなければなりません。また、一般の介護施設と異なり、入所(入居)の際にはアパートを借りる時のようにある程度まとまった費用が必要となります。入居の一時金が必要になるということです。
しかし、介護などを受けないため、月々の費用は安く抑えることが出来ます。ただし、施設によって金額は変わりますので、事前に調べておくと良いでしょう。費用に含まれるものは居住費、光熱費、管理費となり、施設によっては食事代が含まれていることがあり、光熱費などの経費は別途となっているところもあります。
介護施設では専門の職員が常駐していることが多く、補助もしてくれます。健康型の場合、一人暮らしの寂しさを解消することができ、仲間と共に過ごす時間も増えます。