高齢者住宅と介護サービス付き高齢者住宅の違い

高齢者の方が安心して暮らせるための施設に高齢者住宅があります。
高齢者住宅は、屋内がバリアフリーになっていたりお風呂に手すりが付いているなど介護用の設備が充実した住宅です。
住宅といっても、一戸建てではなく多くはビジネスホテルのように各部屋に風呂とトイレがあり、キッチンを備えた部屋もあります。

高齢者住宅には、一般的な高齢者住宅と介護サービス付き高齢者住宅(通称「サ高住」)があります。
一般的な高齢者住宅とサ高住の違いは、名前の通り介護サービスが付いているかの違いです。
一般的に高齢者住宅は、お風呂や着替え、トイレなど身の回りのことが自立した高齢者の方が暮らす家庭です。
運営会社が提携した介護サービス事業所が、トイレの介護、お風呂の介護、中には食事が取れない方への支援を担う在宅介護サービスを提供する住宅がサ高住と呼ばれています。
多くの施設では、在宅介護の提供回数で暮らすことができる方を受け入れの対象としています。