特別養護老人ホームに入居できない場合には介護老人保健施設と言う手もあります

比較的軽費で入居できる国の制度による介護施設としては特別養護老人ホーム(特養)があります。多くの方は、自宅で介護が難しくなると、この特養への入居を希望される事が多いものです。

最近の特養は、ユニット介護で個室タイプが増えており、費用に対して施設の充実度が大きく改善されています。
しかし人気が高いために、要介護3以上で、しかも都会では入居待ちも多く、中々必要なタイミングで入居できないのが実態です。
そんな時には介護老人保健施設(老健)と言う手もある事を知っておくと良いでしょう。特養は基本的に亡くなるまで入居する事が原則で、重篤な病気等になった場合以外は、退去を求められる事はありません。それに対して老健は、歩行が困難になった高齢者や入院後のリハビリが必要な方を対象に、施設に入居して介護と共にリハビリを施して自宅復帰を目指す施設です。

従って、要介護1〜3でも入居は可能です。しかし、自宅介護への復帰を目指す施設のため、特養の様に長期間入居を続ける事が出来ません。
一般的に6か月から1年で程で、リハビリで改善できれば自宅復帰で退去し、改善が見込めずむしろ介護度が4にアップするようなケースでは、特養に移る事を要請されます。
費用は特養と同等で、施設の質もほぼ同じです。特養に入居できない場合には、1年間この施設に入居させてもらい、特養の空を待つと言った方法も取れます。
自宅介護が困難だけれど、特養に入居できない場合、ケアマネさんに相談し、上手に老健を利用されるのがお勧めです。