PR:有料老人ホーム・介護施設の一発紹介:老人ホーム全国ネット

介護施設には幾つかの種類がありますが、大きく分けると
・自立・軽度向け
・重度向け
・自立から重度まで幅広い
・リハビリ専門
の施設に分類されます。

介護保険を使ったサービスを受けたい場合、「介護」認定が必要となり、住民票がある居住区域の役所や役場が窓口となりますので、相談をして申請していただきます。申請の際は通院している病院の主治医の意見書も必要になります。認定調査員がご自宅を訪問し、生活面で出来ていること、出来ていないことをお調べし、ご本人とご家族からそれぞれヒアリングします。ご本人だけの場合ですと、見栄を張り、出来ていない事も出来ると言ってしまう場合などがあるため、出来るだけご家族が遠方だとしても同席していただいた方がよろしいかと思います。
仕組みと手順については、厚生省のこちらのページをご覧ください。
さて、介護サービスを保険適応で利用する場合、在宅と入所に分かれてきます。言葉が分かりにくいですが、在宅とはご自宅にてお過ごしされている方が、訪問介護により掃除、洗濯、買い物などの生活面でのサービスを頼んだり、入浴介助や排泄介助といった身体介助を頼むことが出来ます。また、日中だけデイサービスに通われたり、月に何日間だけショートステイを使われたりしながら、ご自宅での生活を継続することになります。

入所としては、有料老人ホーム、軽費老人ホーム、特別養護老人ホームなどがあり、他にも幾つかの種類があります。
介護施設の中から選ぶには、医療などのケアが必要か、介護やリハビリが必要であるかなど、ご状態やご希望に合わせたご本人にふさわしい施設を選ぶ必要があります。
介助が必要な方に何のフォローも無ければ適当ではありませんし、身の回りのことが行える方にフォローは必要でもありません。
また、脳梗塞や骨折などで入院された方が、退院後も少しリハビリに励みたいといった場合には、リハビリを行っている介護施設を選ばなければ不満を持ったまま生活されることになります。
介護施設の中でも、有料老人ホームは民間が運営し、ニーズやその運営会社により特徴を出したところもあります。様々なご状態に対応した介護施設は、場所や金額により選択肢に入るか変わりますので、まずは専門の有料老人ホームの検索が出来るサイトを見つけましょう。

-->